2014年6月3日火曜日

革命の精神と共にPEEL&LIFTの新作入荷。






こんばんは。
本日も天気が良かったですね。

昨日今日と日中は気温がかなり上がり汗ばむ程でした。
さらに昨日は毎年恒例で行われる開港祭で花火が打ち上げられていた様で、
いよいよ夏本番が近いという事を実感させられます。

しかしながら、お店から数百メートルの所で花火が上がろうが、
僕らはみなとみらいで皆様を向い入れる側の人間。

SNS上の写真で花火を楽しみました。

おのおの楽しそうな笑顔が花火の如く輝いておりました。

そしてそんな祭りの後の静けさなのか、
本日は非常に穏やかな一日でした。

そんな静寂を破ったのは、
PEEL&LIFTの新作のTEEの入荷。

今回も非常に力強いアイテムに仕上がっております。
それでは早速どうぞ。

abolition tee  ¥ 7,000 + tax

ecru


今回のecruカラーも以前のslave tee に引き続き版をズラした二色刷り。


ビビットなピンクがインパクト抜群です。


black


お馴染みブラック。
もはやブランドの代名詞的な染み込みプリントで
絶妙な着古した質感が再現されております。


右下にロゴ入り。


pink


そして今回は新たにピンクが仲間入り。
淡いトーンの非常に美しいピンクにネイビーが良く映えます。


コチラは実物を見るとよりグッと着て頂けるかと思います。


いずれのカラーも魅力的な仕上がりです。


そして今回のTeeシャツは、
パリの5月革命の際に壁にかかれたスローガンの一つをモチーフにしておます。

『不当雇用の撤廃』
といった意味合いのメッセージが書かれております。

当時のパリの壁にはこういった直接的なメッセージから詩的なものまで、
様々な文字が書かれていたそうです。

更にパヴェと呼ばれる建築資材でバリケードを作ったり、投石の武器として使ったりと、
現代の僕ら世代では想像できないぐらいの熱量を伴う運動だった事が伺えます。



当時の美術学校の学生によるポスター。



これらのメッセージの多くを書いていたのが
当時のシチュエーションインターナショナルのメンバー達。

資本主義に対するカウンターカルチャーとして成長していったこれらの思想が、
荒廃した70年代のロンドンの若者達に影響を与えたのも必然といえます。

その思想をさらにエンターテイメントとしてプロデュースしたマルコムマクラーレン。
政治的革命を目指した5月革命に対して、
マルコムが仕掛けたSEX PISTOLSは間違いなく音楽的革命を果たしたと言えます。

そんな経緯のある5月革命のスローガンを
PEEL&LIFTが現代に蘇らせたというのもまた必然なのかもしれません。

皆さんも革命の熱を胸にサマーバケーションを楽しんでみてはいかがでしょうか?


個人的にはこれを着て御家族と出かけるなんてのがギャップがあってオススメです。



ちなみにこのブログを書いていて気づいたのですが、
先日入荷のUNDEFEATEDのTシャツもこの5月革命時のポスターが元ネタでした。


UNDEFEATED  /  BASH TEE  ¥ 4,800  + tax


スポーツに置き換えるあたりが現代的で良いですよね。

当時は壁の文字と共に色々なポスターが作られていた様です。


昔PEEL&LIFTで引用された物も見受けられます。

そして名作続きのPEEL&LIFTですが、
なんと明日また新作が入荷予定。

人気のヌードトランプ柄がシャツで登場予定です。


コチラも非常に楽しみです。

それでは最後に着用した写真をどうぞ。




僕はpinkを少しゆったりLサイズで着用してみました。
これからの時期にPEEL&LIFTのTシャツは薄手で着心地抜群です。

今期はTシャツのリリースが少ないので人気が集中しそうですね。


という事で明日もお待ちしております。

中野


・phone : 045-680-0222

・address :〒220-0012神奈川県横浜市西区みなとみらい2丁目3番9号
クイーンズスクエア横浜 [at!] 1st 2F

・select brand:fathom,Button One's Lip?,



Facebook

0 件のコメント:

コメントを投稿